いわきの主な農作物と生産地

いわきの主な農産物
いわきでは、日本人の主食とされる米のほか、主な農作物として大豆、ねぎ、いちご、いんげん、 きゅうり、トマト、梨、いちじく、いわき特産のとっくりいも*などが生産されています。
いわきは夏と冬の寒暖の差が比較的少なく、温暖な気候に恵まれています。そのため、古くから 米をはじめとする農作物が生産されてきました。露地野菜は秋から冬に出荷されるものが多く、特に明治の初めから栽培されているねぎの生産量が多いことが知られています。
また、いわきは日照時間が長いため、ハウス栽培に最適な環境とされています。そのため昭和40年代から、いちごやきゅうりなどのハウス栽培が盛んに行われるようになりました。そして、この10年間でトマトの水耕栽培が急増し、現在、いわきは日本有数のハウストマトの産地となっています。
いわきの主な農作物に関する諸データ
※第59次福島農林水産統計年報(平成23年~平成24年)
いわき農林事務所「普及指導計画」
いわきの主な農作物の「旬」
主な農作物の生産地
いわき市では、太平洋沿岸の平坦な地域から標高の高い山間部まで、ほぼ全域で米が生産されています。そして海沿いの平野部を中心に、野菜や果物が生産されています。
主な農作物の生産地